旅行や留学などで海外へ行く機会がある人も多いですが、日本から一歩出ると通貨が異なるので何かとお金について勝手が違いますよね。

このサイトでは、そんな海外で使うお金の知識について色々とまとめています。

支払い手段はどうするか

各国通貨 海外では通貨が違いますから、限られた場所以外では円をそのまま使うわけには行きません。 そこで考えなくてはいけないのが支払い手段をどうするかということです。

真っ先に考えられるのは現金ですが、海外で使えるようにするためには円を現地通貨に両替しなくてはなりません。 両替するときの手数料、盗難のリスクなどを考えると、海外旅行で必要な費用をすべて現金で用意するのは最善策とは言えませんよね。

現金以外の支払い手段

現金以外にも支払い手段はいくつかあります。

  • クレジットカード
  • デビットカードや国際キャッシュカード
  • 海外で使えるプリペイドカード
  • トラベラーズチェック

一番ポピュラーなのはクレジットカードで、海外の多くのショップで使えます。 しかし、クレジットカードは事情によって作れない人もいるので、そんな人は現金に頼らざるを得ません。

そんな人に便利なのは、デビットカードや国際キャッシュカード、プリペイドカードです。 これらのカードはあらかじめ口座に入金しておくかカードに必要な分をチャージをしておいて、その範囲内で使います。

クレジットカードのような審査も要りませんし、VISAなどの国際ブランドが付いていれば、その提携先のショップでショッピングすることも可能です。 金利も掛かりませんので、現金を持ち歩きたくないけどクレジットカードも嫌だという人に最適です。

トラベラーズチェックも現金を持ち歩かずに済みますし、万が一紛失や盗難にあっても再発行ができるのが最大のメリットです。 しかもカードのように、スキミングなどの被害にあうこともありません。 ただし、国によっては両替できる場所が少なく、使い勝手は良いとはいえません。

現金と併用しよう

どんな国にいっても現金がまったく要らないということはありませんので、必要最小限の現金と他の支払い手段を併用するのが一番です。 紛失や盗難にあった時のことを考えると、できるだけ複数の支払い方法を確保した方がいいですね。

それぞれのメリットを活かしつつ、自分に合った支払い手段を用意しましょう。

渡航先によってベストな方法を選択

渡航先が先進国の場合は、クレジットカードが最も便利です。 クレカは買い物の決済に使うだけでなく、ATMで現地通貨でのキャッシングも可能だからです。 極端な事を言えば、先進国ではクレジットカード1枚さえあれば、お金の支払いに関する心配は不要です。

問題なのが、発展途上中の後進国に渡航する場合です。 後進国の場合はATMがあまり設置されていないので、やはりある程度の現金を持ち歩く必要が出てきます。

万一、お金の盗難や紛失が起きた場合に対処できる様に、海外旅行中は現金は必ず分散して持つ必要があります。 具体的には、万一の場合に備えてお金を財布の中だけに入れるのではなく、アンダーウェアや靴の中にもお金(紙幣)を隠しておくと良いでしょう。

海外でのお金の所持方法や換金方法は考え得る様々なリスクを考慮に入れた上でベストな方法を選択する必要があります。 心配性な方は、トルノスなどで添乗員付きの旅行ツアーに参加するのも良いでしょう。 添乗員に相談すれば、換金レートの良い両替所や現地の治安にあわせたお金の管理方法のアドバイスをしてくれるはずです。

海外ではお金の取り扱いだけでなく、パスポートの管理にも気を配る必要があります。 万一、現地で盗難や紛失によりパスポートを無くしてしまったら、現地の日本領事館でパスポートを再発行してもらわなければなりません。 大抵の場合は、再発行の申し込みをしてから実際に取得できるまでには数日間は待たされるのが一般的です。 この間、観光などで時間を潰すことができますが、パスポートの事が気になって旅を楽しめない状況となる可能性が高いです。 ですので、お金の管理だけでなくパスポートの管理も厳重にするべきです。 ホテルの部屋から出る時は肌身離さず持っていくぐらいの取り扱いをした方が良いです。 当然のことながら、帰国予定日にパスポートが無ければ日本に帰ることもできません。 そうなると、帰路のエアチケットも再発行をして貰わなければならないという事態になります。

妹へお金を貸すことに

友達と楽しみにしていた海外旅行に出かけるための準備をしていました。 その時に突然、一人住まいの妹から電話が掛かってきました。 自分も妹も学校を卒業した後、田舎の福島から東京に上京をしました。 妹は、服飾の専門学校を卒業した後、デザイナーの卵として衣類メーカーに就職をしました。 自分は、某電機メーカーに勤めています。

妹からは年に数回程度電話が掛かってくるぐらいなので、どうしたのかとちょっと驚きました。 話しを聞くと、車をバックさせる時に後ろにあった車にぶつけてしまったそうです。 そのため、自分の車だけでなく、ぶつけた相手の車の修理費用も必要になったとのことでした。 総額で40万円ぐらい必要だったけど、妹は生活費分を差し引いて下ろすことができる貯金が20万円あったので、そのお金は下ろしたそうです。 ですが、修理費用として残り20万円が足りず、その目途が立ちません。 それで、必ず返すから20万円のお金を借りる事ができないかとの相談の電話でした。

怪我はなかったかを確認したのですが、幸いにもむち打ち症などにはならなかったそうです。 妹はお金を借りる当てが自分しかなかったので、自分に頼ってきたのだと思いました。 妹と相談した結果、毎月2万円、そしてボーナス時に5万円を上乗せして半年程度で完済するという話でお金を貸すことにしました。 利息はなしにして、その代り1度食事をおごってもらう事にしました。

そして、今回は、妹がお金を借りるのを承諾したけど、次は無いという事を妹に言い聞かせました。 兄の自分から見ると妹は甘やかされて育っていると思うので、厳しいことも言っておいた方が妹のためになると思ったからです。 特にお金を借りるというような金銭にまつわることは、シビアなことを言っておいたほうが良いと普段から思っています。 [追記]

ページのトップへ戻る